やまだノート

草野球さまに教わった頂いたアレコレ

道具

バット紹介

皆さんバットを選ぶ基準って何ですか? ① ビヨンド系 ハンター系 カタリスト系 カーボン 金属 木製 素材で選ぶ (打感) ② バランスとグリップの太さフィーリングで選ぶ ③ 長さで 82cm~88cm位でのフィーリングで選ぶ ④ 重さで選ぶ この4つを選択の…

軟式最強バット

「軟式最強バット」・・・この夢のあるフレーズを捜し求めて何本買っただろうか (苦笑) 今はネットオークションや在庫処分品などを安く買えるので、自分に合わなくても「チームバットになるし」と言い訳をしながら結構買いました。 金属、カーボン、複合と…

やまだが憧れるインフィルダースタイル

グラブは良く開き、浅い型付けで、板のようにグラブを使うのも良いでしょうけど、硬球よりも軽量でグラブに収まりの悪い軟球に実際どうなの?・・・と思います。 やまだが草野球で試してみたいのは、外野用のグラブで当て捕りもひっかけ捕りも掴み取りも(そ…

指先捕球

草野球シーズンも終わりが近づいてきましたね~ 寂しいですが来期へ向けての準備期間だと思ってオフ期間も楽しんでいきます。 グラブの使い方は好みで浅め?深め?など色んな意見があるとは思いますが、やまだがどんなイメージでグラブを使ってるか書いてみ…

使用状況を考えての道具選び

2年位前に人生初オーダーグラブを造りまして それまでも造ってみたい欲求はあったのですが 色を変えたり、刺繍入れるだけで値段が2倍くらいに跳ね上がるのが納得できなくて オーダーなんて出来ないって思ってたんです 野球の縁でプロ野球選手のグラブを作…

グローブ論

湯もみ型付け屋さんが手のひら捕球でこう使うのが正しいとされる上の写真 浅く使うのが良いみたいな代表のグラブの福良選手と辻選手のグラブ。 手のひら捕球って言っても、グローブに手を奥まで入れなければ土手付近でも捕れるのでそれだけで手のひら捕球で…

型付け論

やまだは野球用品大好きで、道具に拘るのも草野球を長く楽しむ要素だと思います。 野球好きと言うよりも道具好きなんだろなって自負してますの。 草野球25年でグローブも蒸してみたり、お湯につけてみたり、穴あけて加工してみたり、色々してきました。 こ…