読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだノート

草野球さまに教わった頂いたアレコレ

グローブ論

f:id:kome-yamada:20140906205240j:plain

 

湯もみ型付け屋さんが手のひら捕球でこう使うのが正しいとされる上の写真

浅く使うのが良いみたいな代表のグラブの福良選手と辻選手のグラブ。

 

手のひら捕球って言っても、グローブに手を奥まで入れなければ土手付近でも捕れるのでそれだけで手のひら捕球で特別な話じゃないと思うのですが。

浅く入れるのが良いのか悪いのかは本人のフィーリング次第。

 

 

f:id:kome-yamada:20140906205408j:plain

今時の選手はそんなにペラペラな浅いグローブにしてないと思います。

人工芝の影響とか、体格が良くなって打球が速いとか色んな要素があると思いますが

捕球の常識も少し変わってきてるのかな?

f:id:kome-yamada:20140906205419j:plain

 

上から宮本選手、松井稼選手、鳥谷選手 

松井選手は外野手みたく小指に二本いれてます。

内野で小指二本はダメって風潮もフィーリング合えばオッケーでしょ

 

f:id:kome-yamada:20140906155006j:plain

オールスターにも出てましたトゥロウィツキー 小指二本入れ

f:id:kome-yamada:20140906155019j:plain

ペドロイアも小指二本入れ

 

 

型付けが上手いとされてる所で購入しなくても

今やどこでも湯もみやスチームくらいしますから柔らかくしてもらって

自分の捕りやすいグラブを使いながら育てるのが良いと思う。

 

インターネットや今の常識とされてることに囚われず当て捕りも、ガッチリ捕るのも出来る自分のフィーリングに合うグラブ育てましょう

 

当て捕りや浅いグラブが偉いんじゃないです、アウト捕るのが偉いんです。

 

 

ちなみに僕も小指二本入れ。