読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだノート

草野球さまに教わった頂いたアレコレ

木製長尺断念

本当にスミマセン

 

木製長尺バット計画ですが、公式戦でまだまだ使うには振込み不足

 

今年の残り試合の公式戦は軟式用バットで出場します。

 

結果から話しましたが練習やバッセンで長尺木製(89cm)で打っていたのですが

今までの85cmの感覚があってどうしても振り遅れてしまうんです。

 あと重くて長くて単純にスイングスピードが遅くて飛ばない ← ただの非力

 

 

ビヨンドマックスが発売されてからバット選びも色々試してきましたが

バットの材質、形状、各メーカーのうたい文句や人の評判でかなり試しましたが

10ヶ月くらい木製バットで練習してきて、自分に合うバットが感覚で解るようになってきました。

 

野球上級者にあの「あのバット良いよ」って言われたりすると

そのバットが良い気がして合わないバットを使ってるのは良くあるパターンだと思います。

 

自分のイメージ通りにヘッドが走るバットが自分に合うバットだと ← 今頃気がつく?

 

試合形式の打撃練習をしても、「複合飛ぶバット」で打ってもフィーリングが合わないと芯に当たりません。 ←当たり前です。

 

 

飛ぶ複合バットで自分のフィーリングに合うバットがあれば最高ですが

僕の場合は84cm以下のバットだとヘッドが速く返ってしまい自分のスイングイメージと誤差が出ます。

軟式野球のバットは84cmが主流・・・・・

やまだのバット探しは終わりません (苦笑)

 

 

木製バットで硬式球打つのは色んな発見があるのでこれからも続けます←オススメです。