読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだノート

草野球さまに教わった頂いたアレコレ

バッティングセンターで逆方向への弊害

対戦チームの選手からバッティングを見て欲しいと言われ、一緒にバッセンいきました。

 

見てもらう人を間違えてますが、それは置いといて・・・・

 

 

その選手は逆方向へ強い打球を打つ練習をバッティングセンターしていたらスランプになっているらしいのです。

 

本人も(右打者、甲子園出場経験アリ)「右肩が下がり、トップが決まらない」と言っていたので見てみましたが、本人の言うとおりになっていました。

 

バッティングを見ていても、空振りするわ、打球も横のネットに当たるし、引っ張れないとまぁ、本当に酷い状態でした。

 

やまだも経験ありますが・・・

右方向への打球=良い打撃と錯覚してしまうのです。

 

バッティングセンターの同じリズムで同じ球速コントロールも良い環境では

ぶっちゃけどんな打ち方でも、回数打てば前に飛ばすのは簡単になります。

 

ヘッドを下げて少し遠回り気味でバットを押し出すような軌道で振ればバッセンで右方向へ飛ばす事は出来ちゃいますが、バットは出てきません。

 

やまだも不調になると右方向を意識して練習しますが

安易な右方向には罠がひそんでますw

 

 


山田哲人・流し打ちの極意 - YouTube

山田選手は、「右方向へ強い打球が行く時はたいがい、ひっぱりにいっている 」と言っています。

 

 

流し打ちの逆方向も大事ですけど

ひっぱって逆方向へ飛ぶ感覚はもっと大事だとおもいます。

 

どの方向にもひっぱれる右打者になりたいですね~