読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだノート

草野球さまに教わった頂いたアレコレ

近い距離のスローイング

守備

私のチームだけかもしれませんが大学野球経験者でも

軟球で近い距離を投げれない選手が多いのです。

軽いイップスのような、腕を振れずに置きに行く選手が多いのです。

 

 

僕は近い距離でのキャッチボールの重要性を選手達にはうるさく言うのですが

軟球が軽くて上手く投げれない言い訳をするとか?

遠い距離のキャッチボールでビシビシ投げたいのか?

近い距離でしっかり投げるのが恥ずかしいのか?

近い距離を意識してキャッチボールしている選手は少ないです。

 

 

軟球で近い距離を投げれない選手の共通点は

肘から指先までの使い方が下手な選手に多いです。

 

 

やまだはこんな練習をして真面目に遊んでみるのです

 

www.youtube.com

 

MLB最高のショートストップ オジー・スミスが教えてくれてます。

 

なんと言ってるか分かりませんが、ワンバウンドで近い距離を投げたり

左脇のしたから投げるのは肘から指先までの使い方が上手くなりそうですよね。

 

 

練習をしても、草野球なのに練習とか恥ずかしいとか

ふざけちゃう選手が居るとなかなか上手くなりにくいですが

真面目に遊ぶ心が大人の草野球では大切だと思います。