読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだノート

草野球さまに教わった頂いたアレコレ

ビッグ・ロングorクイック・ショート

短いバット試してきたよ

 

と言っても重さや長さも色々あるので購入までは至らず

少年野球用のかなり短いやつを借りました。

 

 

f:id:kome-yamada:20160623115025j:plain

 

短いバットで右手・左手・両手と 

木製85センチ川崎モデル 木製89センチ中村ノリモデル

これで打ち込んできました~

 

感想や感覚を言葉にするのは僕の語彙力では厳しいですがw

色んなバットを持っていったので感覚の差が分りやすいです。

 

どんなスイングが自分に合ってるのか?

どんなバットが合ってるのか? 方向性が見えてくるような気がします。

 

 

ふと思ったことがかなり昔に買ったベースボールマガジンの特集本

 

f:id:kome-yamada:20160623115731j:plain

 

この本は連続写真の本なんですが

チョット違うのがMLBのコーチのアドバイスが載ってるんです

それとMLBの選手のバットの詳細

 

ロビン・ヨーントコーチのアドバイスが載ってまして

ロビン・ヨーント - Wikipedia

 

最近の選手はビッグ・ロング・スイング(軌道が大きくて長い)をするものが多いのだが我々の時代はクイック・ショート・スイング(軌道が短くて速い)スイングを教えられた。

 

短いバットはクイック・ショートの感覚を掴むのには良い練習だと思います。

 

僕も子供の頃はクイック・ショートなスイングで育った方なのですが

草野球やり初めて、形ばかり気にして、フォーム変えたり、足上げたり、バットが軽かったり、バット長く持ったり、小指かけて握ったり、感覚を疎かにしてきたような気がします。

 

子供の頃の感覚ってずーっと残ると思うと

怖くて近所の子供に野球教えれません。

 

 

ビッグ・ロング派かクイック・ショート派か見極めるのもコツかもしれませんね~

 

www.youtube.com

 

クイック・ショートもアリですよ~