読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだノート

草野球さまに教わった頂いたアレコレ

連盟大会とオープン参加大会

運営

昨日は天皇杯支部予選 準決勝・決勝のダブルヘッダーを戦ってきました。

 

結果は決勝戦で負けて代表になれませんでした。

二試合とも企業が運営しているチームとの対戦で、我がクラブチームとはアプローチの違うチームでした。

 

やまだの地域で野球をしようとすると、連盟に加盟して野球をするしか無いです。

車で4時間くらいかけて野球が盛んの地域でオープン参加の大会へ(ストロングリーグ、ビクトリア等)登録するといっても現実的には不可能です。

 

連盟主催の大会へクラブチームが出ると不具合が出てきます。

二重登録は厳禁、両チーム出場停止になります。  

県大会で人数が集まらなくて棄権するとペナルティを処す。(来年度その地域は出場停止)

田舎で土・日休みの人間が少ないのに、土曜日に試合がある。

 

 

一つのチームにしか参加できず、試合数も少なくて活動の幅が少ないので(助っ人不可なので)クラブ草野球が盛り上がるわけが無い。

 

オープン参加型大会でお馴染みの埼玉大宮健康保険グラウンドへ試合へ行くと、楽しそうに野球をしているクラブチームで溢れています。

 

連盟の試合しかしていないと、大宮健康保険グラウンドは草野球の聖地に感じます。

大人が自主的にマナーを守って野球している感をヒシヒシ感じます。

なにより、そんな姿がカッコイイ!

 

やまだの支部だけの話かもしれませんが、野球をやる術が連盟加盟しかないので連盟役員が大柄、独占企業のような対応w

 

昨日は天皇杯の準決勝・決勝の会場はサブグラウンドでの試合で、本球場はCクラスの2回戦をしていてCクラスということで一日4試合中2試合棄権でだれも本球場を使っていない状況。

 

やまだ  「なんで町の最高峰のAクラスの試合をサブグラウンドで棄権が2試合もあるCクラスが本球場なんですか?」

 

審判   「何試合に一回はCクラスも本球場使いたいって要望があったから」

 

やまだ  「なにも天皇杯の決勝でその一回をぶつける事は無いんじゃないですか?」

 

審判   「嫌なら辞めれば?」

 

やまだ  「少年野球から軟式社会人野球まで同じ組織でしょ?そんな運営で子供を預けたいって親がいると思いますか?どんどん野球少年減りますよ? 」

 

やまだ  「審判講習会で審判150人のレベル向上の為にノック打ったのは僕ですよ?協力し合って良い団体にしようとして質問してるのに「嫌なら辞めれば」ってそりゃないでしょ」

 

審判   「運営と審判部は違うからあっちに聞いて」

 

やまだ  「そんな方針の意思疎通もできない組織で、あっちに聞いてって・・・」

やまだ  「Cクラスが本球場使うのが悪いって言うんじゃなくて、その意図説明が欲しいっていうのに、分からないジャッジを審判に聞いて俺は知らないってそんなのありますか?」

 

やまだ  「僕らは本球場で野球するのを目標にAクラス目指して今やっとAクラスなんですよ?」

 

話は平行線、そのまま試合へ・・・

 

今回の天皇杯は2位のチームが国体主催者枠の第二代表権利が貰えると通達の上での準決勝・決勝でした。

 

前回の大会優勝でやまだチームが第一代表決定していたので2月の連盟理事会で「第一代表のやまだチームが準優勝だったらどうするんですか?」 「全国大会もある国体と天皇杯を掛け持ちするのはナンセンスです。」と発言したのですが、役員に冷ややかに失笑されたのをやまだは根に持ってますww

 

敗戦後、連盟会長から準優勝トロフィーを頂いてから・・・(会長は定年前はAクラス企業チームの元会社員)

 

やまだ 「国体第二代表はどこになるんですか?」

 

会長  「こっちで決める」

 

やまだ 「前回の大会の準優勝チーム(会長の元会社)にするとかダメですよ、後付けの理由で決めたら、他のチームが文句言いますよ」

 

会長  「前回の大会の準優勝チーム(会長の元会社)にする」 

 

やまだ 「いやいや、町の代表ですよ今一番強い優勝チームに行って貰いましょうよ」

 

会長 「たまたま、やまだチームが二位になったから、そんな事決めてなかった」

 

やまだ 「たまたまって、優勝目指して選手達は練習しているのにたまたまって、理事会で僕が発言しても意味無いんならなんで集めるんですか? 」

 

会長 「お前今まで、棄権したり不祥事起すくせに態度でかいなっ」

 

やまだちーむ員  「態度でかいとか関係あります?今回の準優勝チームで第二代表ってうたってるのに前回の大会の二位のチームを後付で出したらおかしくなるでしょ」 

 

やまだ  「通知に書いてある通りにしないと、ユニフォーム汚して頑張ってる意味がぼやけるやめてください、意見出して生意気って言うなら、僕の名前を連盟役員から外してください。」

 

会長  「じゃあ第二代表は無くす」

 

やまだ 「この支部は第二代表棄権ってことですね、棄権してもいいんですね」

 

会長  「第二代表は無い事にする」

 

やまだ 「そんなの20年やってきて見たこと無いですよ、恥かくのは地元連盟ですよ」

 

やまだチーム員 「準優勝の僕らが第二代表だから、やまだ2チーム体制で出ますよ、優勝チームさんにユニフォーム着てもらおう」

 

やまだ  「1年間やまだチームが全勝したので、他のチームにも上の大会を経験させたくてって違う大会の枠をくっつけたりするからこうなるんでしょ? 勝敗ぼかしたらスポーツの意味がなくなるって去年私が言いましたよね?」

 

やまだちーむ員  「別に今どうこういってるんじゃなくて、こうやってモメた事実があったんだから、今後モメ事なくなるように良い大会運営していきましょうって事を話しているだけですよ」

 

やまだ  「それを生意気、態度デカイって言われたら、意見なんか出せませんよ」

 

やまだ  「軟式野球は大人から子供まで同じ組織なら折れれないですよ、僕らが折れたら下のリーグの方、子供達がもっと楽しめなくなる」 「プレイしている選手たちに改めて野球のたのしさ知ってもらって、自分の子供に野球させてほしいんですよ」

 

会長 「じゃあ 優勝チームが国体第二代表でいいんだな、理事会も開かないしそれでいいんだろ。」

 

やまだ 「それが一番モメないですよ、決勝に来たやまだチームが悪いんだけどw」

 

 

長くなりましたがw こんなやり取りオープン参加型の大会なら無いと思います。

 

僕みたいな40代のハナタレ小僧が年上の審判や会長さんに生意気言いましたが、クラブチームを連盟で存続させていくのは難しいです。

 

 

オープン参加の大会なら、人が集まる大会は参加、集まらない大会はエントリーしなければ良いのですが連盟だと3~4大会は全部参加が義務ですからね。

 

 

やまだが田舎でもクラブチームを対象とした、オープン参加の大会の主催者になるしかないかなw  

 

 

インターネットで動画とネット新聞でヒーローインタビューとかして「やまだカップ」とかw

ネーミング悪いから流行らないなww 

 

 

 

やまだチームも嫌われながら25年~も連盟さまにお世話になってるなぁ・・・・