読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだノート

草野球さまに教わった頂いたアレコレ

自分の打撃タイプを知ろう。

昨日は3時間ほど練習してきました、皆のバッティングを見ていたら感じたことがあったので書いてみます・

 

色んな打撃スタイル、打撃理論があって色んな情報が手に入りすぎて迷うところだと思います。

 

軟式はレベルスイングが良い

軟式は乗せるように打つ

軟式は詰まった方が飛ぶ

軟式は前で打て

軟式は引っ張ったらダメ

軟式は右方向に打つ

軟式はアッパースイングが良い

軟式は手首を返しちゃダメ

軟式は切っちゃダメ

軟式は軽く打て

軟式はビヨンドマックスが飛ぶ

軟式はメタルハンターが飛ぶ・・・・・etc

 

足上げた方が打てる

すり足のが打てる

レベルスイングのが打てる

グリップが低い方が良い

打席ではベースに近い方が良い

インパクトポイントは近い方が良い・・・etc

 

どれも正解だと思いますし、どれも不正解だと思います。

良い成績の選手の対談やプレゼン能力の高い番組を見ると

そのように打たないと打てないんじゃないか?とも思ってしまいます。

 

 プレゼン能力の高い古田の方程式やゲットスポーツ

f:id:kome-yamada:20160111161839j:plain

こんな写真見たら誰もが赤い点線が多い方が打てるような気になってしまう。

 

こんなプレゼンされたら球暦が乏しい僕は自分に自信が無いのですぐ洗脳されてしまいます。

 

凄い選手の言う事も、古田敦也さんの打撃理論もごもっともで正しいとは思いますけど。

 

打てる打てないには正しい・間違ってるはどうでも良くて

「自分はこんな意識で振ったら打てた」、「自分はこんな意識がシックリ来た」、バットに神経が通う感じを感じることが大切だと思うのです。

 

 

昨日は他の選手がどんな意識で振ってるか?

上から振る意識か?横から振る意識か?(レベルスイング)を分けて見ていました。

 

ほぼ全員横振り(レベルスイング意識)に見えました。

 

見てて思ったのはレベルスイングを意識してバットが出てこなくて振り遅れる選手が多かったのです。(時期的なモノかもしれませんが)

 

 

シーズンオフの僕のオススメ練習法は

軟式の常識に逆らって上から叩いて自分のタイプを知るのも良いと思います。

 

 

上から打っても前から来るボールを中々上から叩けませんので、意識の問題ですが上から打つ意識でやってみてしっくりくるか?感じてみてください。

 

ここで感覚的にってのが大事で動画に撮って上から叩けてるとかレベルになってるとかは気にしないで下さい。 

コースや球種や球速や高低でスイングが変わるのは当たり前で意識を変えるってのが重要です。

 

やまだ個人的考えですが・・・

ピッチャー側へスエーするタイプの打者はレベルで振る意識のがしっくりくるような・・

その場でコマのように回転するタイプの打者は上から叩く意識のがしっくりくるような・・

 

軟式だから、ビヨンドだからって枠で考えないで下さい。

 

昨日の練習でこんな事を思ったのですがプレゼン能力の低いやまだですが参考までに・・・

 

シーズンインまでに感じていきましょう。